いとう祐一郎 | 6.いきいき -かごしま-
15426
page,page-id-15426,page-child,parent-pageid-15424,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
誰もがいきいきと活躍できる雇用環境づくり

ふるさとでいきいきと働ける環境づくりを進めます。

(80) 「かごしまニューライフプラン」に基づき,若者世代・働き盛り世代・高齢世代の「仕事の安心」を実現するとともに,鹿児島の可能性を生かした働く場の創出・確保に順次取り組みます。

(81) ふるさとの人材がふるさとで活躍できるように,産業・経済の活性化により雇用の創出を図るとともに,求人・求職のミスマッチの解消,産業界・教育界との連携の強化,職業能力の開発やきめ細かな就業対策など,引き続き総合的な雇用対策を積極的に行います。

(82) 新規高卒予定者の県内求人倍率1.0以上を確保する取組を引き続き展開します。若年者に対し,職業観,勤労観の醸成のためのキャリア教育を推進するとともに,個々のニーズや能力に応じたきめ細かな就労支援体制を一層充実・強化し,鹿児島で育った若者が希望をもって県内で就職ができる環境づくりを進めます。

(83) 働き方に見合った公正な待遇の確保ができる社会づくりや,男女の均等な雇用機会の確保に努めます。特に,結婚,出産,子育てを支援する体制づくりと併せて,女性がその能力やキャリアを生かした就業ができる環境の整備に努めます。

(84) キャリアアップを目指す県民一人ひとりが,自発的に職業訓練や職業能力の開発を行えるよう支援制度の充実を図ります。

(85) 県民一人ひとりが,家庭生活や地域・社会活動など仕事以外の様々な分野においても充実した生活を送るために,個々のニーズに合った働き方が選択できるよう,仕事と生活の調和がとれた社会づくりを進めます。