いとう祐一郎 | 伊藤祐一郎ってどんな人?-Character-
37
page,page-id-37,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
top-itou2

野山を駆け回り、ガキ大将だった幼少時代。
今では故郷を背負う立場に立つ68歳。

テレビや新聞ではあまり見えない、
伊藤祐一郎の素顔を少しだけご紹介します。

本人プロフィール(自己申告ベース)

生年月日

昭和221117日生(68歳) 出水市生まれ。

学歴・職歴

八幡小,阿久根小

いわゆる「ガキ大将」。「山坂達者」の「野球少年」

ラ・サール中,高

力とスピードはちょっとしたもの

東京大(法)

乱読と麻雀に没頭。学問は少し

自治省入省

給与課,振興課,地方債課,
行政課の各課長,
大臣官房審議官(行政,選挙),
地方分権推進委員会事務局次長,
地方分権改革推進会議事務局長,
自治大学校長,総務省総括審議官
※福岡,石川,埼玉県でも勤務

体格

身長164cm,体重75kg  少々メタボ気味

趣味

ゴルフ

ドライバーは上手くいくと270~300Y。
しかし,トータル100前後のスコア

読 書

読書スピード早し (司馬遷の「史記」)

クラシック

3B,M etc。暇があれば家ではクラシック
※ 最近,NHKクラシックミステリーを見て(聴いて)音楽の素養のなさにガク然

本人の弱み

音痴,泳げない(⇒比重が重く浮かばないため),涙もろい

本人の強み

力が強い,足が速い,健康,子供好き,少々の理解力と洞察力

努力中のこと

一.焼酎の量を減らすこと!
一.人の話をよく聞くこと!
一.人前でゆっくりしゃべること!
一.感受性と鈍感力を強めること!

好きな言葉

身に私を構えず(「出水兵児修養掟」より)
敬天愛人(西郷隆盛の言葉)

家庭のこと

妻,娘2

家では婦唱夫随

photoitiran

詩人 岡田哲也さんより

中高時代からの友人 岡田哲也さんより
マッチョな体格とロマンチックな性格と

居酒屋で冷奴と〆サバをパクつきながら、伊藤が言うことがある。
「俺は哲也より、足が速かったよなあ!」
確かに伊藤は、あの体型で(失礼!)足の回転数は誰にも負けなかった。腕相撲も強かった。

今でも、コントンとした状況の本質をグイとつかんで、すばやく適確な判断を下す。
その時私はいつも、伊藤の腕っぷしとあの足の回転を思い出す。

マッチョな体格とロマンチックな性格と、世のため尽くそうとする骨格と。
こういうのを、昔の人は文武両道と呼んだ。今は、ユウイチロウとでも呼ぶのかなあ。

私のようなヤクザな物書きは、夢でも追えばいい。
しかし、政治家は夢より現実を、課題より人々の暮らしを作らねばならない。
高校の卒業アルバムの彼の写真の下には、「暗中模索」ということばが記されているはずだ。

この4年間、お先真っ暗の「かごしま」を、彼はなんとか薄明くらいまではひきあげてくれた。
あとは、伊藤の百歩もさることながら、私たちのひとりひとりの一歩である。
私たちは、それをしなくてはならない。

2008/06 岡田 哲也